社長ブログ
協力事務所募集
セミナー動画視聴はこちら

料金一覧

料金表

建築顧問サービス

新築・建替え・改修などどこから手をつけていいかいいかわからない方に対して

建築主様、運営者様の立場に立ち、建築の専門家として全体をコーディネートする。

初回相談
◆ 初回相談 ――――― 0円

WEBによる相談、会議用ソフト(ZOOM等)での相談


調査
◆ 市場調査 ――――― 250,000円

現地調査、マーケット(市場)分析、競合調査、地域調査、事業度判定


◆ 形態分析 ――――― 250,000円

方針作成サポート、事業コンセプト作成


◆ 単年収支計画作成 ――――― 250,000円

年間詳細事業収支、事業分析、リースバック料算定、初期投資概要費用算定


ファイナンス
◆ 融資取付代行
   ・銀行 ――――― 300,000円

   ・福祉医療機構、日本住宅支援機構、日本政策金融公庫 等 ― 500,000円

 融資の取付に必要な事業計画書や、短期・長期の返済計画、予想損益計算書、キャッシュフロー計算書の作成


◆ 補助金申請 ――――― 500,000円

サービス付き高齢者向け住宅整備事業 等

設計・建築
◆ 医療・福祉・幼児施設設計、建築プロデュース ――― 概ね工事費の5%~10%程度

建築士法第25条の規定に基づく、業務報酬基準による


◆ 施工主の代行業務 ――――― 建築総額の1%

医療・福祉・幼児施設設計アドバイス、詳細管理、定例会議等の代行、設計事務所選定、

コンペ要綱立案及び判定・業者選定アドバイス、設計図チェック、工事事業者選定要綱立案及び評定・業者選定アドバイス、

工事見積書チェック、セカンドオピニオンサービス


施設申請
◆ 施設許可申請 ――――― 750,000円(一件当たり)

有料老人ホームやクリニック・病院・保育所等の施設の許可申請に係る書類作成


事業申請
◆ 事業許可申請 ――――― 750,000円(一件当たり)

デイサービスや住宅支援事業所・訪問介護等の許可申請に係る書類作成


◆ 医療開設許可申請 ――――― 750,000円(一件当たり)

クリニックの開設許可申請、病院等の変更許可申請


公募申請
◆ 公募申請 ――――― 1,000,000円~(建物規模により金額変更)

介護付有料老人ホーム・特別養護老人ホーム・保育所の公募申請


完成建物アフター
◆ 建物定期報告書作成 ――― 250,000円~(建物規模により金額変更)

※当社の設計監理物件は割引があります。

医療・福祉・幼児施設の建築定期報告書作成


◆ 長期修繕計画書作成 ――― 500,000円~(建物規模により金額変更)

※当社の設計監理物件は割引があります。

医療・福祉・幼児施設の長期修繕計画書作成


◆ 修繕の手配、相談 ――― 100,000円/月(一施設当たり)

医療・福祉・幼児施設に起こる建築的事象すべてにかかわるもの


既存建物再生
◆ 既存建築物 法規チェック ――――― 300,000円※~(交通費別途)

設計図書による確認・現地建物確認・関係官庁確認


◆ 既存建築物 劣化度初期診断 ――――― 250,000円※~

◆ 既存建築物 改修案(バリューアップ) ――――― 250,000円※~

◆ 既存建築物 用途変更案(コンバージョン)作成 ――― 250,000円※~

◆ 既存建築物 耐震アドバイス ――――― 250,000円※~

◆ 既存建築物 省エネアドバイス ――――― 250,000円※~


◆ 古民家再生案 ――――― 250,000円※~

※建物規模により金額変更


よくある質問

費用について

Q 株式会社あいアーキテクツの設計監理費用は?

 A  株式会社あいアーキテクツの設計監理費用は工事請負金額の4%~となっております。 
料率は建物の規模や仕様により変化していきますので、お気軽にご相談下さい。 
なお、株式会社あいアーキテクツでは、設計・監理はもちろんのこと、建築コンサルタントとして予算に収めるためのコストコントロールのノウハウもあります。 
実際の建物をご覧いただき、価格やデザイン・機能をご確認いただければと思います。

Q 設計事務所に設計依頼すると、設計監理費用が発生するので、総工費が高くなるのでは?

 A  一概には言えませんが、これまでの経験上、総工費自体を割安にすることが出来ます。 
株式会社あいアーキテクツでは、同じ総工費で建築をした建物を見比べたときに、確実にお客様にご満足いただけるものをご提案する自信があります。 

Q 株式会社あいアーキテクツでは坪単価どれくらいでやってくれるのですか?

 A  建物づくりは、建て主様に納得をしていただけるのであれば、どのような形でも進めることができます。 
例えば、坪単価35万円~40万円ほどのローコスト住宅を建築することも可能ですし、坪単価100万円を超えるような豪邸を建築することも可能です。 
病院でも坪単価50万円を下回った事例もございます。 
繰り返しになりますが、お客様にご納得いただけるのであれば、どのような設計でもお受けすることが出来ます。 一概に坪単価(施工単価)と申しましても安かろう悪かろうでは意味がありません。建設コスト(投資)に対する最大限のパフォーマンスが必要です。

Q 予算があまりないのですが?

 A  株式会社あいアーキテクツは、最低いくらからという予算を定めておりません。 
お客様にとって無理のない範囲での建物づくりをしております。 
もちろん、お客様の想いをカタチに出来るように、最大限の努力をさせていただきます。