社長ブログ
協力事務所募集
セミナー動画視聴はこちら

社長コラム

10月4日

ビジネスの大きな勝利のために

用意周到な計画を立て、果敢にチャレンジしましょう!


日本中がラグビーワールドカップで盛り上がっています!


ラグビー歴40年以上の私にとってこんな日が来るとは夢にも思っていませんでした!


日本代表は1987年以来、 この大会に8回出場していますが、一度も予選突破していません。


しかし、

前大会で強豪・南アフリカ共和国を破り、初の3勝を挙げてから

今大会に向け機運も盛り上がっていました。


そんな中、先日のアイルランド戦は日本中が湧きました!

世界ランキング2位のアイルランドに9位の日本が勝利したのです!


しかも、勝ち方がすごい!

勝つべくして勝ったという戦い方でした。


体格に勝るアイルランドに

フォワード戦、スクラムやタックルで日本は負けないタフさを見せました。


ジェイミー・ジョゼフ ヘッドコーチに

なってから世界の潮流に合わせたキックを多用するラグビーをやってきましたが、

アイルランド戦ではこれを封印。


前ヘッドコーチ エディ・ジョーンズ

時代のように徹底してパスを繰り返し。


これにより徐々にアイルランドの足が止まり、逆転して勝利。


これはまさしく、この試合に焦点をあて

大会前のテストマッチや今大会のロシア戦でも見せず、

したたかにこの戦術を磨いていたのでしょう。



ビジネスも同じです。

したたかに用意周到にやったものが勝利を導くのです。



9月は介護施設の公募の締め切りや来年度の補助金申請の資料作成、

来春の工事のための基本案作成と目白押しでした。


締め切り直前に手伝ってほしいとの問合せもありますが

きちんとした仕事ができないとお断りする事もあります。


設計監理物件でも、融資や土地取得に時間がかかり、

設計期間や工事期間を短縮ということもあります。


開業時期が最優先になるのであとは時間との戦いです。


大筋を決め、細部は工事が始まってからも協議を続けることになります。


時間が無いことのしわ寄せは建物に現れ、建築主の負担になります。


医療福祉幼児施設の建物はビジネスを生み、

何十年と継続させる為の大切な装置です。


初動の遅れが後々の運営に影響することもあるのです。



ビジネスの大きな勝利のために用意周到な計画を立て、

果敢にチャレンジしましょう!



あいアーキテクツは

『One for all, All for one』

「一人はみんなのために、みんなは一つの目的(勝利)のために」

この精神でお客様のビジネスの勝利に貢献します!


ワールドカップラグビー日本大会ですでにジャパンは2勝ですが

予選突破には次のサモア戦の得点が大きく左右されます。


さて今度はどんな戦い方をするか

楽しみですね。

9月5日

週末はラグビー合宿の聖地、菅平に行ってきました。


ワールドカップ日本開催が来月に控え

ラグビーもなにかと盛り上がっています。


標高1400mの高地にラグビーグランドが実に100面以上!


関東・関西の大学ラグビー部が合宿をしているので

練習試合を見ているだけでも楽しめます。


さて今日のテーマは

「建築コンサルタントって何ですか」


ウィキペディアでは

「建築コンサルタントとは建築コンサルティングという方式で

建築に関する相談に応じる専門家および専門家集団。」

とあります。


あいアーキテクツのコンサルタントは

中小医療福祉幼児施設を運営されている方へ、建物を通して黒字経営のお手伝いです!


実際には何をするのかというと

建物を使って事業を繁栄させるために

1、調査(市場調査・分析、概算費用算定)

2、ファイナンス(融資取付代行、補助金申請)

3、建築設計・工事監理

4、各種申請業務(事業許可・開設許可申請、公募申請)

5、建物アフターケア(建築物定期報告、修繕計画立案)

6、既存建物再生(用途変更、耐震・省エネ計画)

7、SNS集客支援

        などなど。


元々私は医療福祉幼児施設の設計を、30年以上手がけてきました。


その中で、顧客と二人三脚でプロジェクトを

進めるうちにあれも代行して、これも手伝ってとのご要望が増えて。


基本的に断らない性格なので

事業成功の為ならと引き受けてきたのです。


当社を育ててくれたのは、実はお客様だったのですよね。


なので今でも、数年ぶりに連絡いただいて

「今度こんなことしたいのだけど相談のってくれる?」

というのがあるのです。


話しをしていくうちに自分の考えが明確になるなんて事はよくある話で


建物を使った事業に関して頭の中にある悩みを一度出してみるのがいいかもしれませんね。

初回相談無料ですから、気軽に話してみてください。

8月5日

改めまして、株式会社あいアーキテクツ 代表取締役 宮崎 聡です。


今まで自己紹介をしたことがありませんでしたので、改めて自己紹介させて頂きます。


札幌出身の58歳です。

東京の建築専門課程建築デザイン科の学校を卒業後、

38年間医療・福祉・幼児施設の建築設計をメインにホテルやマンションの設計もして参りました。


ここまで培った知識と経験を活かし、設計のみならずお客様の様々なお悩みについてアドバイスさせて頂いております。


土地探しや市場調査、事業計画書の作成や補助金の申請をはじめ最近では既存建物の再生や用途変更、

企業内保育園の設立などの提案をさせて頂いております。


建築に係る様々お悩みをワンストップでお応えいたします。

 

建物の疑問、お困り事がございましたら、是非お声掛けください。


ご相談は無料ですので、お気軽に電話もしくはお問い合わせページからご連絡ください。

お待ちしております。