社長ブログ
協力事務所募集
セミナー動画視聴はこちら

トップ > 会社案内

会社案内

一級建築士事務所

株式会社あいアーキテクツは、札幌を拠点に医療・福祉(病院設計・医院設計・介護施設設計・保育園設計・幼稚園設計)を専門特化した道内唯一の設計事務所であり、建築コンサルタントです。 設計業務はもちろん、施設の開設申請などのコンサルティングサポートもしています。 医療・福祉の経営者様・職員様はもちろん、患者様・利用者様にとっても快適な施設づくりを応援しています。

我々は、さっぽろの地で、医療、福祉、介護、幼児施設に特化した設計事務所・建築コンサルタントとして人を愛し、建物を愛し、地域を愛する設計事務所として誕生しました。 『株式会社あいアーキテクツ』という社名はそんな経緯に由来しています

あいアーキテクツ7つの特長もご覧ください。


会社概要

社名株式会社あいアーキテクツ
代表者代表取締役社長 宮崎 聡
設立平成24年3月5日(医療・福祉・幼児施設に特化した事務所として独立)
登録一級建築士事務所 平成24年4月13日 北海道知事登録(石)第5905号
資格一級建築士、設備設計一級建築士、専攻建築士(統括設計、建築生産、設備設計)、インテリアプランナー、建築積算士
本社所在地〒064-0809 札幌市中央区南9条西4丁目3番1号 AMS TOWER 3203号室
東京事務所〒175-0094 東京都板橋区成増1丁目26番15号 プラザサンタナカ3号館103
電話番号011-213-0507
FAX番号011-213-0517
E-MAILinfo@sapporo-ai-sekkei.co.jp
URLhttp://sapporo-ai-sekkei.co.jp/
加盟団体一般社団法人日本医療福祉建築協会 会員

経営理念

経営理念

『株式会社あいアーキテクツは、建物を通して、

お客様に新たな価値を創造します。』  


このミッションをもって生きる我々は、お客様の価値を探求し、常にチャレンジを続けるチームでなければなりません。 我々は、お客様の未来を創造し、お客様と共に成長する企業であり続けます。

設計方針

設計方針

病気の方、介護が必要な方、幼い子どもたち、どちらかといえば、心や体が強くない方々が、笑顔になれる建物を作りたい!!

愛と冒険にあふれた建物づくりが我々のモットーです。 そして、冒険とはワクワクするもの、変化をもたらしてくれるものです。

冒険はチャレンジです。 限界の状態まで自分を持っていき、挑戦するからこそ成長できるのです。

しかし、一緒に楽しむ相手がいないと生きがいを感じることができず、モチベーションを保つこともできません。 家族や友人がいないと人間は幸せになることはできません。

だから、愛は必要なのです。

設計ポリシー

建築構造の徹底的な検討を行う。
意図のないスペースの排除 ・医療・介護建築は嗜好品ではありません。
初期投資をどれだけ抑えられるか

失敗しない医療・介護に経営につながります。
『私たちは建物を通して新たな価値を創造し、幸せを築きます。』
一生涯のパートナーとして、建ててから始まるおつきあい。

社長の想い

現在、私が医療福祉の施設設計をしている理由はもう30年以上前の高校生の時に遡ります。

父親が心臓の大手術をして病室に戻ってくると、とてもこれから回復して良くなっていくという感じがしなかったのです。 何故かな?と思い病室を見渡すと、病室の壁の塗装は薄汚れ、床は暗いシート貼り、無機質な蛍光灯・・・ あたたかさ、ぬくもりがなく、生命を回復するというイメージからかけ離れていたのです。 

このような体験から病気やケガをされている方、高齢の方などの利用者が笑顔になれる・安心を与えられる建物を造りたいと思い続け今に至りました。

 
また、介護福祉施設においては私の母親が「こんな所で過ごしたい!」と思えるような施設をめざして日々設計をしています。

代表取締役社長 宮崎 聡

代表取締役社長 宮崎 聡

ラガーメンの社長より

1.『ゲインラインを突破せよ!!』■  

私はラグビーを愛するラガーメンです。
ラグビーは大まかに言うと陣取りゲームのようなものです。

ゲインラインとはラグビー用語です。
直前の攻撃の結果できたポイントでゴールラインに平行な線がゲインラインです。

ゲインラインから1歩でも2歩でも前進し、どれだけ自分たちの地域を獲得でき、
最終的にトライ(成功)に結び付けられるかというのがラグビーです。

仕事も人生も同じです。

現状から1歩でも2歩でも前に進むために常にチャレンジする。
失敗してもあきらめない。
前に進む道は無限大です。

建築主の夢を実現するために、これくらいでいいということはありません。
常にチャレンジあるのみです。


2.『One for All , All for One 』

ラグビーのチームプレイ精神を表す時によく使われるこの言葉ですが、
正しい意味は「一人はみんなのために、みんなは勝利のために」となります。

私はこの言葉を、自分が幸せになりたければ、まず周りの人を幸せにしなさいと解釈しています。

当社が繁栄するには、まず、建物を通じて、建築主が繁栄していただくこと。
顧客とチームとなって成功を創造いたします。


3.『人生の時間は限られている』

人生の時間は無限大ではありません。
スティーブ・ジョブズの有名なスピーチの一つですが
『もし、今日が人生最後の日だったら…
期待、プライド、恥、失敗の恐れは 死によって一切なくなる。思うままに行動しない理由はない』

死ぬことが怖いのではなく、何もせず思うままに生きられないことが怖いのです。

お客様や職員、家族、そして自分のために
『今日一日をへとへとになるまで生きたか?』
常に問いかけています。

本社

住所:札幌市中央区南9条西4丁目3番1号 AMS TOWER 3203号室

東京事務所

住所:〒175-0094 東京都板橋区成増1丁目26番15号 プラザサンタナカ3号館103

無料相談はこちら
資料請求はこちら