社長ブログ
協力事務所募集
セミナー動画視聴はこちら

トップ > 設計部門

設計部門

幼児教育施設

平成29年度

第11回 キッズデザイン賞 受賞

太陽の子南砂2丁目保育園(東京都江東区)

都会のオフィスビル1階の保育園

子供たちにとっての外部空間の創造と子供たちの好奇心、想像力を養う空間づくり

幼児教育施設
エントランスから歩行空間を通ってパティオホールへ~子供たちにとっての外部空間の演出
幼児教育施設
ビル共用空間からメインエントランスへ

緑のなかのイメージ

当園のキャラクターのサンちゃんが見え隠れします

幼児教育施設
歩行空間からパティオホールへ

ホールに導く枕木調のタイル

エントランスから垣間みられるホール

子供たちの好奇心をそそり、奥行きのある空間へいざないます

幼児教育施設
パティオホール

歩行空間を抜けるとダイナミックな

パティオ空間へ

ベンチで子供たちが自由に遊びます

お母さんたちの集いの場としても利用

幼児教育施設


レンガタイル調クロス

南仏パティオをイメージ

ほか、お祭り広場、天空の星空で構成

外部空間をイメージした躍動感ある色使い

幼児教育施設
絵本ラック

子供たちだけでなく

保護者とのコミュニケーションとして活用しています

幼児教育施設
保育室~子供たちの成長と共にダイナミックに対応する空間
幼児教育施設
『躍動的な3,4,5歳児室』

3,4,5歳児ゾーンを床の色分け、

壁を仕切らず空間を創造

天井高さ3mのダイナミックな空間に木製壁で

木立をイメージ

幼児教育施設

『静的なたたずまいの0,1歳児室』

幼児教育施設

こころに優しい柔らかな色使い

幼児教育施設

『ダイナミックな空間はそのままに安全を配慮し腰壁により仕切った2歳児室』

幼児教育施設

年齢が異なる子供たちが集まる畳コーナー

子供たちのアイディアがコミュニケーションにつながるように

幼児教育施設
多目的ホール~運動新家を育む場としての多目的ホール
幼児教育施設

子供の運動神経能力は5歳位までに80%程度できるといわれています

脳に様々な刺激を与えるよう、家庭ではできないクライミングネットやボルダリング、ダンスや球技ができます

床は転んでも痛くないスポーツ用クッション床材を採用しています

幼児教育施設
幼児教育施設

厨房が見えるステージ

調理の様子がわかります

モニターで眺望の様子が映し出され、お母さんの為の料理教室などが行われます

クライミングネットとボルダリング

幼児教育施設

観覧席になる階段

幼児教育施設

左面は割れないガラス張りでダンスを楽しみます

中間にネットを張ることができ、色々な球技ができます

幼児教育施設

建築物件紹介動画

弊社が手がけた建物を動画で紹介しております。

医療施設

東北海道病院 放射線棟

院内に飲食スペースを設けるなどしてすごしやすい空間作りをしています。

詳細はこちら

なの花薬局津軽新城店

青森厚生病院前調剤薬局

詳細はこちら

カリンバこどもクリニック・スギハラ薬局

小児科ということもありかわいらしくやさしいつくりにこだわり、院内は暖かく落ち着ける雰囲気となっています。
医療福祉施設を専門に行う設計事務所だからこそ細やかなところまでこだわります。

詳細はこちら

青森厚生病院診療棟3階

青森厚生病院診療棟3階 改修工事

詳細はこちら

札幌立花病院サンB

医療法人 札幌立花病院サンB病棟 増築工事

詳細はこちら

介護施設

ゆずり葉明日風

最新の設備で坪単価46万円を実現しました。
これからの高齢者向け施設を立てる際は、設計費用を抑え、価格を安く設定することも重要になります。

詳細はこちら

北樹会病院サービス付き高齢者向け住宅

北樹会病院サービス付き高齢者向け住宅

詳細はこちら

東明かなで~る

社会福祉法人 恵和会 東明かなで~る 新築工事

詳細はこちら

アルメリア白石

社会福祉法人 博栄会 特別養護老人ホーム アルメリア白石 へいわの郷 新築工事

詳細はこちら

円山ハーティケアセンター

円山ハーティケアセンター

詳細はこちら

アリアーテ

手稲区曙5-3 サービス付き高齢者向け住宅

詳細はこちら

サンヴィレッジ北広島

喜望の郷北広島 新築工事

詳細はこちら

教育施設・児童養護施設

太陽の子 札幌中央保育園

太陽の子 札幌中央保育園 改修工事

詳細はこちら

太陽の子 札幌白石保育園

太陽の子 札幌白石保育園 改修工事

詳細はこちら

太陽の子 南砂町保育園

太陽の子 南砂町保育園

詳細はこちら

住宅

グランツコート

グランツコート

詳細はこちら

お客様の声

病院の設計  ~医療法人福和会 札幌立花病院 理事長(院長) 立花 觀稀 様~

患者さんのための病院をモットーに、心温まる医療の実践

医療法人福和会は、心温まる医療の実践、感謝と笑顔を基本に、すべての患者さんが安心して長期に療養できる最適の環境を提供しています。 


当法人は、 ケアハウス「スカイラーク」とグループホーム「青空」に加え、グループホーム「朝風」を新設いたしました。 これらの介護施設との複合施設で、病院(397床)と渡り廊下で結ばれています。こうした構造と機能を持つケアハウス・グループホームは全国初です。 

これにより、介護・看護の両サービスと医療が効率よく連携し、ケアハウスから療養病床へ、あるいはグループホームへと高齢者の方々が必要とするサービスをトータルに提供できる複合施設となっています。 


宮崎さんとの付き合いは、以前の事務所の時代にケアハウスの監理を担当してもらってからですから、早いもので12年になります。 

会社の事情で、新たに医療福祉専門の設計事務所を立ち上げた彼を応援しつつ、当法人も応援してもらっています。 

これまでに3棟の設計に携わってもらうと同時に、病院内の修繕や改修・メンテナンスなども含めてサポートしてもらっています。 

長い付き合いですし、病院という性格から、こちらの事情に合わせてもらっているので、早朝でも夜中でもいつでも連絡させてもらっています。

特別養護老人ホームの設計  ~社会福祉法人恵和会 高橋 常務理事~

完璧な打合せに大満足!

特別養護老人ホームの設計の依頼は、いくつか候補のあった設計事務所の方との面談の上で、「誠実さ」、「信頼性」、そして、「人柄」で決めました。 

話をしてみると、この人ならお付き合いして段々と信頼関係が深まっていくだろうと感じました。 


打ち合わせは、札幌からで、少し距離もありましたが、必要なだけしてもらいました。 

設計はもとより工事管理について、施主と施工業者の仲を持って、頻繁にきめ細かく指示と指導があったと思いました。

使い勝手にも満足

現状の使い勝手ですが、極めて良く、職員・入居者様も喜んでいます。 


悪かった点を強いて挙げれば、ある時、施工側に強く指示していた点がありました。 

もう少しやわらかく指導していた方が良い感じがした。 

施主側にとってはいいことだが。。。 

逆に良かった点としては、まず、工事着工前、着工後において、役所関係の書類の提出、打ち合わせが完璧でした。 


その他にも「北海道福祉のまちづくりコンクール」の優秀賞をいただくことができました。 

他の事務所に依頼してみようと考えたことは、今のところ、ありません。 おかげさまで当法人も10周年を迎え、安定し、充実した施設になってきました。 

これからも事業展開を考えているので、設計会社として、それに携わって欲しいと思います。

有料老人ホームの設計  ~医療法人社団 雄俊会 三角 彰宏 理事長~

地域医療(僻地医療)への理解と実現

医療法人社団雄俊会は、2005年(平成17年)2月2日『おんねゆ診療所』として地域医療(僻地医療)をスタートしました。 

法人名は、介護福祉士として活躍し、若干30歳で逝去した長男「雄一」の『雄』、そして、地域医療のフロンティア「若月俊一」先生の『俊』を戴き医療・福祉の結合を目指して命名いたしました。 


『生まれ育った地域で自分らしく人生の最後を迎えたい』という地域の人々の希望を生かすべく、2009年(平成21年)10月1日には、介護・在宅医療連携の住宅型有料老人ホーム「春にれの里むか川」を開設いたしました。 

これらの開設を手伝ってくれたのが宮崎所長でした。 

おんねゆ診療所の改修、そして有料老人ホームの新築とお願いしました。 


当初の計画段階では、別の方に診療所の改修をお願いしていましたが、医療や介護に対する知識や経験がそれほど多いところで無く、なかなか思うように進みませんでした。 

そんな折、宮崎さんの前の事務所の同僚のスタッフさんが温根湯のご出身だったそうで、その方の伝手で知り合うことができました。 

初めてお会いして、2回目の打ち合わせですぐに大きな模型を持って来てくれたので、本当にわかり易く、そして誠実さも伝わり、助かりました。 


有料老人ホームのお風呂には、源泉が引き込まれています。 

その温泉を活用し、地域に根差す施設として、施設の中庭には、誰でも立ち寄ることができる足湯もあります。 

さらに1階には居酒屋も運営し、連日連夜、地域の方々が飲食に大勢来てくれています。 

毎回、定期点検やメンテナンスなどのために、札幌から来ていただく度にお酒を酌み交わし、これからの医療や介護について、意見交換をさせてもらっています。 

これからもよきパートナーとしてサポートして欲しいと思っています。


研修施設・薬局の設計  ~株式会社メディカルシステムネットワーク社長 田尻 稲雄 様~

成長し、錦を飾れる施設の実現

当社は、「良質な医療インフラの構築を通じて、地域住民のQOL(Quality Of Life)向上に貢献すること」を企業理念として、「医薬品等ネットワーク事業」「調剤薬局事業(なの花薬局)」「賃貸・設備関連事業」「治験施設支援事業」4つの事業を展開しております。 

いずれの事業においても重要なのは、その事業に関わる人材であり、その人材の育成にあります。 

そこで、当社の研修保養施設「倶楽部錦渓」の充実を図ることにしました。 


当施設では、主に当社グループの薬剤師の教育・研修を行っておりますが、新入社員も年々増加しており、手狭になりましたので、今回増築させていただきます。 

当施設の増築の設計を宮崎所長に依頼しました。 

彼とは、ラグビーで知り合い、その縁で彼の人柄に触れ、依頼させてもらいました。 

現在は、こちらの研修施設の他に、調剤薬局事業で展開する「なの花薬局」の設計もお願いするようになって来ています。



■宮崎より■ 

今回の地鎮祭では、研修所の名称である俱楽部『錦渓』という建物の名前について、

『渓という字は水がこんこんと湧き出る様という意味があります。知識という水がこんこんと湧き出でるこの施設で研修して、一人前になって錦を飾ってほしい。』 

とのお話をいただきました。 

とても素晴らしいおはなしで感銘いたしました。 

こちらの施設で新人研修を行うようになってから、一人もまだ退職されてないそうです。 

その願いを成就するため、建物を安全に完成させることを強く誓います。

よくある質問

あいアーキテクツについて

Q 社株式会社あいアーキテクツと他の設計事務所の違いは?

 A  株式会社あいアーキテクツは何よりもお客様の想いをカタチにすることを大事にいたします。 
決して建築家自身の好みや趣向を押し通すような真似はいたしません。 
しかし、建築としてのバランスや、お客様にとって本当に必要かどうか、またその土地の風土や歴史を大切にした上で、お客様のご要望とは違うご提案をさせていただくこともあるかもしれません。 
 それが専門家としての仕事だと考えています。

Q 全国どこでも対応して頂けるのでしょうか?

 A  株式会社あいアーキテクツは、北海道内であれば、どこへでもお伺いすることは可能です。札幌市を中心に活動しておりますが、東京にも事務所(非常勤)を構えております。全国対応しておりますが交通費を実費申し受ける場合もございます。お問い合わせは無料です。

Q 株式会社あいアーキテクツはいつ設立したのですか?

 A  株式会社あいアーキテクツは、医療福祉施設に特化した設計事務所(旧社名:さっぽろ医療福祉あい設計株式会社)として、2012年3月5日に独立した会社です

Q 株式会社あいアーキテクツの営業時間と定休日は?

 A  営業時間は08:30〜17:00、定休日は土日・祝日です。 
ただし、事前にご連絡を頂戴できれば、土日・祝日もお打ち合わせ可能です。 
まずは、メールや電話でお問い合わせ下さい。お問い合わせはこちらから。

Q 株式会社あいアーキテクツの設計実績は何件ぐらいありますか?

 A  引き継いだ事務所の医療福祉の設計実績を含めると20棟ほどの設計に携わらせていただいております。 
その他、勤務時代の実績なども含めればその数は、60棟ほどになるでしょう。

Q ホームページに載っている建物を見学することはできますか?

 A  基本的には可能です。
ただし、実際にご利用のお客様がいらっしゃるので、お客様との日程調整が必要となってまいります。 
事前にメールまたはお電話にてお問い合わせくださいませ。 
お問い合わせはこちらから

設計について

Q 株式会社あいアーキテクツとの建物づくりは、どの様に進めればよいのでしょうか?

 A  HPをご覧いただき、当事務所に興味を持っていただけましたら、まずはお問い合わせ下さい。 
弊社にご来所いただくかお客様のもとにお伺いいたします。 
お話をお伺いした後は、実際に参考になる建物をご覧頂くことも可能です。 
実物をご覧頂くとまた違った感想を持っていただけると思いますので、一度は過去の作品に足を運んでいただきたいと考えております。

Q 設計相談から完成までの期間はどれくらいですか?

 A  ヒアリング〜図面の完成まで約4ヶ月、工事開始〜引渡しまで約6ヶ月から1年くらいです。 
もちろん、土地探しからなさっているお客様の場合はもっと時間がかかる場合もありますし、初回のご面談から引渡しまで3年以上要した事例もございます。 
日々、変化するお客様の状況に臨機応変に対応することも私どものひとつの売りだと思っております。

Q 自分の要望はどこまで受け入れてもらえるのですか?

 A  株式会社あいアーキテクツはまずはお客様の想いを形にすることを一番に考えておりますので、打ち合わせは、まずお客様のご要望をすべてお聞かせいただくことから始まります。 
その後、専門家としてお客様にとって最適なアドバイスやご提案を行い、お客様にとって最高の建物を共に作り上げて行きます。

Q 医院(クリニック)開業の相談は可能ですか?

 A  もちろん可能です。これまでに何人ものドクターの開業をお手伝いして参りました。 
建築コンサルタントとして開業場所の選定からマーケティングリサーチ・診療報酬算定に関する施設基準のアドバイス・医療機器リースや資金繰り・融資などに関することを総合的にアドバイスすることが可能です。 
なお、日夜お客様のところや現場での打合せに外出しているケースも多いので、事前にお電話かメールでご連絡をいただければ助かります。

Q 敷地条件がかなり悪いのですが?

 A  株式会社あいアーキテクツは変形地や狭小地であればあるほど、建築家魂を刺激されます。 
プランニングでは、土地の使い方も重要な要素となっております。 過去の作品でも建築条件として難しい法規制や行政との折衝を行い建設した事例がございますので、まずはお問い合わせ下さい。お問い合わせはこちらから
無料相談はこちら
資料請求はこちら